美しい音を追い求めて

 

今日、目標の一人であったギタリストの稲垣稔さんが亡くなられたそうです。

中学1年の秋だったか、長崎に演奏会でいらっしゃった稲垣さんに

本番の翌日にプライベートでレッスンをしていただいたことが最初の想い出です。

まだ若さと勢いだけで弾いていた僕に、もっと音楽と音色作りを大切に!と教えてくださいました。

そして、その数年後に「ソナチネ」というタイトルのCDをリリースされたのですが、

圧倒的な躍動感はさることながら、その音色に魅了され、

どうしたらこんなに綺麗な音が出るのだろうか?と思い、今日まで音色に磨きをかけてきました。

いつか「音が良くなったね!」と褒めてもらいたくて、、、

CD”ソナチネ”が出た数年後、

思いがけず、同じレーベルからCDを出すことになり、(→それが先日再発売になった”デビュー”です)

サンプル音源を聴いてくださった稲垣さんが、「随分と上手になったね!」と褒めていただいた時は

本当に嬉しかったです。

そんな稲垣稔さん。

まだ55歳の若さです。体調が悪いとはお聴きしていましたが、

こんなにも早くお別れの日が来るとは思いもしませんでした。

ただただ、ご冥福を祈るばかりです。

合掌。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。