いよいよ夏到来か・・・

 

ジメジメした天気とも、しばしお別れでしょうか

連休明けにも、東京は梅雨明けになりそうですね。

各地での豪雨で、水害が起きていますが、

自分のことを振り返ると、子供の頃、長崎大水害を経験しました。

当時まだ4歳。雨がひどいなあ、と思っていたら、「街は川のようになっていたよ」父がびしょ濡れで帰宅して来たのを覚えています。

その後も、雨風共にひどくなり、雷と共に停電になるし、、、

長崎市内の中島川(普段は水量は少ない川)が大氾濫して、文化財の眼鏡橋(めがねばし)は流されるし、住んでいたところの近くで土砂崩れが起きるし

後日テレビで見て、恐怖心を感じたのを鮮明に覚えています。

ちなみに、この水害のことは、5年位前にテレビドラマで放映されたドラマ、「砂の器」(松本清張作)にも出てきます。

*主人公が、救助されたのをきっかけに、名前を友人と入れ替わったのがそれです。

これ以上被害が出ないことを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。