簡単なようで難しいこと

 

 最近以前は気にしてもいなかったようなことが気になります。

 練習をしていて良く考えるのは、曲ってどうやって覚えるんだろう・・・って素朴な疑問を感じてしまいます。音を覚えて、左手の動きを覚えて、右手の運指を決めて、、、とやっていけばいいんでしょうけど、そんな簡単な話ではないのかも!?と思ったりします。

 人間だから、完璧に出来た!と思っても、その時の気持ちや思わぬ出来事でミスは出るわけだし・・・、そう考えると答えはひとつではないのかもしれません。

 小さい頃から、ごく身近なものとしてギターを弾いてきたのですが、たまに原点に戻ることは大切なことなのかもしれません。

 実は一時期、ギターってどうやって構えるんだっけ??と悩んだ時期もありました。留学直後の頃の構え方と、1年後の構え方って、実は全然違うんです。スケールも一時期自分が納得行くように弾けない時期もありました。

 そうやって何か悩むことがあれば、その時は必ず原点に戻るべきなんでしょうね。意外にそこに何かヒントが隠されていることが多い気がします。簡単なようで難しいことですよね。

 明日も練習で暗譜について、悩むだけ悩んでみようと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。