頓修頓悟(とんしゅうとんご)

 

多くの皆さんと同じように、今朝は超早起きしてテレビ観戦していました。

結果は残念ながら惨敗。確かに8年前のドイツ大会と似ているな、と思いました。

でも、スポーツも芸術も”良い時も悪い時もある”というのは当たり前のこと。

どうしても、みんな最良の状態=実力、と考えてしまうんだなと感じてしまいますが、

実力というものは、好調と不調の両極があるのは当たり前だと思います。

でも周囲は、好調時に出る最良の結果を選手たちに期待しちゃうんですね。

ある意味、プロはそれだけ厳しい世界に生きているんだなと改めて痛感させられました。

さすがに「優勝」という目標は背伸びし過ぎかも!?と思いましたが

これまで多くの勝利を積み重ねて来たのも実力。今回1勝も出来なかったことも実力なんだと思います。

僕はサッカーの専門家ではないので分かりませんが、今向かっている方向性が間違っていないのであれば

ブレずに目標へ向かって歩みを進めて欲しいなと思います。これからも応援したいと思います。

禅の言葉に「頓修頓悟」という言葉があるそうです。

なんでも器用にこなし毎日進歩を見せる人よりも、少しずつしか進歩しないけど、何かを掴んだ瞬間急に進歩をする人の方が後々成功を収められるものだ、との教えだそうです。

ワールドカップに初出場してからまだ16年だそうですね。優勝を目標にするにはまだ早いぞ!と神様が言ってくれたのかもですね。

未分類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。