恩人

 

人生の節目でいろいろな人に出会うものですが、

その中でも、大変お世話になった人(恩人)って必ずいますよね。

5年前、留学先から帰国し東京に居を構えようとしていた時に、大変お世話になった方がいらっしゃいます。

以前住んでいたアパートの大家さんなんです。

楽器演奏を生業としているため、普通のアパートでは問題がある。かと言って、東京での生活はゼロからのスタート。果たして生活していけるのかどうか、そんな不安の中、演奏家としての本格的な活動がスタートしたわけなんですが、

縁というのは不思議なもので、たまたま同じ大学の卒業生でもある大家さんに出会い、お世話になることに。

そうやってスタートして、今現在のギター演奏家としての自分がここにいるんです。その後、いろいろあって今は別なところに住んでいるんですが、お付き合いは、前ほど深いものではなくなったものの、続いていたのですが

今週初め、久しぶりに電話があったんです。

ご無沙汰していたなあ、と思い応答したら、ご家族から。なんと、急に亡くなられたとのこと。

それで、今日告別式に出席してきたんです。大家さんというより、ほとんど”親代わり”と言って良いほどお世話になった方だったので、式中いろんなことが思い起こされて、涙が止まりませんでした。

改めて、いろんな人達に支えられて生きているんだなあ、と実感した一日でした。大家さんに、直接恩返しは出来なかったような気がしますが、お世話になった恩を心に刻んで、一生懸命ギターに打ち込むこと、それが恩返しになるのかもしれませんね。

未分類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。