19年前のデビューリサイタル

 

先日ブログでお話した通り、

今夜は二橋潤一さんがギターとマンドラの為に書き下ろした新作「Duette Concertante」を演奏します。

会場は、ルーテル市ヶ谷センターホール。

先日お話した通り、ひょんなご縁から今回演奏することになったのですが、

会場を聴いて、不思議なご縁を感じました。

なぜって??

ルーテル市ヶ谷センターホールは、19年前の1994年9月12日に東京でのデビューリサイタルを行った会場だからです。

画像

画像を等倍で表示します

実は今日その時以来、あの舞台で演奏をします。

懐かしいのと同時に、日にちも9月。まさに19年前、高校2年生だったルーテル市ヶ谷の舞台で東京デビューリサイタルを行った思い出の場所なんです。

実は、1日前に長崎を出発しようと準備を進めていたのですが、あの時は台風が九州に迫っていて、飛行機が運行出来るかどうかギリギリの判断を迫られていました。

なんとか、何事も無く、舞台に立つことが出来た、という思い出のエピソードもあります。

あれから19年。久しぶりに演奏出来ること、そして新しい作品を自分の手で世の中に送り出せることがすごく楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。