ギターとマンドラの委嘱作品を初演します

 

今週末9月7日(土)19時から、会場はルーテル市ヶ谷です。

ちょうど1か月前、急遽演奏することになり、この数週間急ピッチで練習を進めて来ました。

日本を代表する作曲家、二橋潤一さんが書きおろした

マンドラ・テノーレとギターのためのDuetto Concertante(委嘱初演)を演奏します。

非常に素晴らしい作品、というのが正直な感想です。

二橋さんはギターの為の作品も多く書いていらっしゃいますね。ギタリストにとっては、とても身近な存在の作曲家です。

今日は、初リハーサルでした。

一緒に演奏する林真衣さんは、アマチュア演奏家なんですが、とても意欲的です。もちろん腕前も確か。

夢中でリハーサルを進めていたら、あっという間に3時間も経ってしまいました。

本番前日金曜日にもう一度リハーサルがありますが、練習を重ねて行く毎に完成度が高まっていきました。

新しい曲を初演するのって楽しいですね。

必ずや、今後ギターとマンドラの貴重なレパートリーになること間違いなしです。

是非皆さんも聴きにいらしてください。

画像

画像を等倍で表示します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。