生みの苦しみ!?

 

なんだか風当たりが強そうですね。

あまり政治的な発言をするのは好まないのですが、ニュースを見てて感じたんです。

今回の選挙の結果は、これまでの政治に対する閉塞感を、なんとかしたい!という国民の思いを反映させたんだと思います。

今まで政権をになってきた某政党から、交代することに、淡い期待をかけたんでしょうね。

でも、早速、新体制が未知数なためか、粗探しが始まりましたね。

とは言っても、まだ新体制がスタートしてもいないのに不安がっても仕方がないんだと思います。

要は、やってみないと分からないんですよね。しかも、受け取り方はひとりひとり微妙に違うし。

海の向こうの国もCHANGEしたわけだし、我が国も新しい変革がもたらされれば、と思っています。

構造改革の真実 竹中平蔵大臣日誌
日本経済新聞社
竹中 平蔵

ユーザレビュー:
構造改革の真実・植草 …
「経世済民」の続編  …
竹中大臣の挑戦,その …

amazon.co.jpで買う


貧困の克服—アジア発展の鍵は何か (集英社新書)
集英社
アマルティア セン

ユーザレビュー:
モンゴル民主化後の貧 …
民主主義の重要性。ノ …
心が洗われる思いの講 …

amazon.co.jpで買う


格差はつくられた—保守派がアメリカを支配し続けるための呆れた戦略
早川書房
ポール クルーグマン

ユーザレビュー:
迫力には欠ける。原書 …
リベラルの良心と誇り …
アメリカに国民皆医療 …

amazon.co.jpで買う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。