日経新聞、川瀬さん、そして今秋11月23日

 

 

6月3日(土)の日経新聞「交遊抄」、お読みいただきありがとうございました。

いろんな著名人の方が寄稿されるコーナーとは全く知らず、二つ返事でOKしましたが、多くの友人、知人からメッセージをいただきました。今後もますます精力的に活動をして行きたいと思っております。

今回大切な友人として紹介させていただいた、川瀬佑介さん(国立西洋美術館)と今秋11月23日(木・祝)に北とぴあ国際音楽祭参加企画として「ギターと絵画の交わるところ」を開催します。

今回は「なぜスペインはアルハンブラを思い出したのか?」です。

ギターの名曲「アルハンブラ宮殿の想い出」をテーマにそれにまつわる楽曲や絵に関するエピソードをお聴きいただく予定です。

チケットの発売は8月からです。もう少ししたらチラシも皆さまにお届け出来るかと思います。

もし、忘れそう・・・と心配な方はメッセージください。このブログを読んでくださっている方に特別に、こっそり先行予約しておきます!

11月23日@北とぴあ 14時開演です。お楽しみに!

IMG_0036

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。