簡単に美味しく作ることが重要【クラシックギター初心者 練習法】

 

3096216_sどんな教則本でも、最初は単旋律(メロディー)から始まります。何故でしょうか?

多くの方が、簡単に弾けるから!というお答えになると思います。

でも、よく考えて下さい。本当に単旋律を弾くことは簡単でしょうか?

例えば、カラオケや伴奏者なし(アカペラ)で上手に歌える方、その自信がある方はいらっしゃいますか?

正直なところ私は全く自信ありません(笑)

ギターの場合、正確に調弦(チューニング)してさえいれば、伴奏者に頼らなくても正確な音程で歌ってくれる(つまり演奏出来る)可能性は高いです。

でも、それだけで上手な演奏に聴こえるでしょうか?単旋律を奏するだけで上手いなあ!と聴き手を唸らせる演奏が出来る人は、相当な実力者です。

もう一度最初の質問に戻ります。多くの教則本が何故メロディーを弾く練習から始めるか?

その理由は「技術的な難易度を下げて、良い音楽を演奏することに専念させるため」だと考えます。

どんな難曲に取り組むときも、まず初めにすべきことは「まずはどんな曲か把握する(=メロディーを認識すること)」です。ギターの扱い方を知ると同時に、練習の順序を習得しているのです。

オシャレな洋服や装飾品で自分を着飾れば、ある程度自分を魅力的に見せることは出来ますが、

その礎になる体型が美しくなければ、せっかくの服も栄えないのと同じ、というとイメージしやすいでしょうか?

”簡単に誰でも作れる料理”も美味しく作れなければ、誰にも食べてもらえません。もちろん自分でも食べたいと思わないでしょう。

子供の頃、レストランでホットケーキを注文し、どうしてプロのコックさんが作ると美味しいのだろう?と思ったことを鮮明に覚えています。

ホットケーキミックスと牛乳、卵、そしてフライパンがあれば誰でも出来ますが、

まずは〈どうしてあなたが作ると、こんなに美味しく出来るんですか?〉と子供の頃の私が思ったように、

メロディーだけなのに、〇〇さんが弾くと名曲に聴こえますね!

と言われるような演奏を目指しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。