練習の仕方

 

あくまでも、私見ですが・・・(全ての皆さんに当てはまるとは言えない、という意味ね。)

3月号の現代ギター・インタビューで

「たくさんのレパートリーを維持する秘訣は?」と聞かれて、偉そうなこと言ってましたけど(^^;;

実際のところ、言葉で言うのはなかなか難しいんですよね。

自分自身、まだまだ試行錯誤の部分も多いですからね。

インタビューでは「しっかり頭の中で整理をして・・・」と言いましたが、そうとばかりは断言できないですよね。

事実、練習では弾けていても、本番で事故(ミス)ってしまうことも。

練習で弾けてない=必然性の中で起きたミス(事故ではない!)ということは事実なんですけど

それを、いかに練習の中で、敏感に、注意深く、見つけていくか、

そんな作業の連続なんでしょうね。

でも、ミスをしない演奏=(真の意味での)良い演奏、ではないのも事実。

心も、技も磨いて行く作業が、本当の「練習の仕方」なんでしょうねえ。

なぜ、急にそんなことを思ったかって?

久しぶりに、自分の普段の練習での演奏を録音してみて、感じたんです。

最近、ギターを上手く弾く方法ばかり考えすぎていたかな・・・って。

そろそろ、演奏会へ向けて、曲を弾く練習を卒業して、「音を自分の言葉にしていく練習」をやっていく時期に入ってきたような気がしてます。

がんばらねば・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。