暗譜のしかた

 

みなさん、暗譜ってどうやってやってます?

そもそも暗譜という作業が必要なものなのかどうか・・・最近疑問に感じているんですけどね。単純に譜面に書かれてある音が全て頭の中に入ったからと言って、すなわち”良い演奏が出来る状態”とは言えないし。

かと言って、舞台上で譜面を読んでいる状態で構わない、と言っているわけじゃないんですよ。それは、単純に準備が出来ていないので論外ですが・・・。

人それぞれ程度の差はあっても、かなりのレベルまで音を覚え、その音を弾く為の手段である指使いを覚え、そして曲全体の理解を深め、そういう作業をほぼ同時進行にやっていって、自分が人前で弾ける状態に出来たと感じた段階で、”ある程度”暗譜が出来た、ということなんでしょうねえ。

でも、その状態でも完璧とは言えないし。曲全体をあまりにも頭でコントロールしすぎて演奏すると、聞こえてくる音はノーミスでも、それが良い演奏とは限らないし。かと言って、感情に訴えすぎて弾き間違い、度忘れ連発ではまずいし。

その辺のバランス感覚が難しいところなんですが・・・。

って書いているうちに、いったい暗譜ってどうやってやるんだ???とますます分からなくなってきました。

とにかく!一音一音良く聴いて、一生懸命練習!これだけですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。