マドリッドっ子、トローバの世界はいかがですか?

 

IMG_0100

来月11月23日(水)祝日のコンサートに合わせて通算23枚目のCDがリリースになります。

今回のテーマは「フェデリコ・モレーノ・トローバによるギター作品集」です。

音楽愛好家にとってはスペインの歌劇”サルスエラ”の大家として著名、そしてギターファンにとっては”スペインの城”をはじめとするセゴビアが愛奏してきた楽曲で有名かと思います。

今回は作曲家トローバの素晴らしさをギターファンのみならず、多くの方々に紹介したいと思い、”こんないい曲あったんだ!”、”よく知っているけど、こんなに魅力的な作品だったのか”と感じていただけるようにレコーディングを進めてきました。

日本でいう江戸っ子に当たる(のかな?)、生粋のマドリッドっ子のトローバの歯切れの良さ、洒脱で軽妙な彼の音楽を存分に堪能していただければと思います。

予定より順調に製作が進めば、11月になった頃にはフライングゲット出来るかも!? ちなみに僕のファンクラブでは11月23日の発売日を待たずに先行発売(名前入りサイン付き)いたします。もし興味ある方はこれを機に入会もご検討下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。