情報共有しませんか?(オンラインレッスンについて)

 

d9318c5fe4ce3dd15cdba6b5aee3ca22_s新型コロナウィルスの影響により、音楽業界もこれまでの対面式のレッスンからオンラインレッスンへと一気にシフトチェンジしました。→オンラインレッスンについて

私は以前から興味があったので、ガイドラインのようなものを準備していましたが、2月末頃から定期的に習いに来ている生徒さんからも外出に不安を感じる方もいて、急ピッチでオンラインレッスンの環境整備を進めてきました。

現在、ほぼ全ての生徒さんのレッスンをオンラインで実施していますが、ギターのみならず音楽業界全体でのノウハウが蓄積できていない感じがします。

昨夜も同世代のギタリストから相談を受けて、実験と称して1時間もビデオ通話しました。久しぶりに顔を見て話が出来て楽しかった!というのが正直な感想です。

現時点で私が知りえた、というより感じ取ったことを以下に箇条書きします。

1、インターネット契約を高速通信プランは必要不可欠!?

ダウンロードもアップロードもある程度の通信速度が期待できる回線が必要なようです。私も3月上旬の時点ではアップロードがかなり遅いプランでしたが、5倍速になるプランに変更して比較的スムーズに実行できるようになりました。

ただ、先週は快適だったのに今週はあまり良好ではなかった、ということもあるようです。

2、高性能な機器やWebカメラ、USBマイクを使用する
当然ながら使用する機器の性能によって画質・音質共に大きく異なるようです。比較的デスクトップパソコンにWebカメラやマイクを接続すると快適なようです
私は、iPad Pro(12.9インチ)、もしくはノートパソコンにUSBスピーカーとWebカメラを接続して実施しています。

3、時間帯、そして周囲の使用状況によって快適に実施出来ることもある?
これもまだ確たることは分かりませんが、曜日や時間帯によって状況が異なるようです。同じSkypeを使用してレッスンしても8時からの生徒さんは???だったのに、8時40分からの生徒さんは全くストレスなく実施出来たりします。

4、プラットフォームに何を使用するか?

FaceTime

FaceTimeAppleユーザーに限定されますが、タイムラグも少なく比較的快適です。接続も携帯の番号、もしくは登録してあるメールアドレスが分かれば簡単です。最新のiPadやiPhoneには購入時からインストールしてあるので私にとっては一押しです!

Skype
Skypeこれもわりとスムーズに実施出来る人が多いです。ただID検索等に時間がかかったり、マイクやカメラのセッティングに苦労する方も多いので、FaceTimeのような手軽さ(電話番号や登録したメールアドレスで発信するだけ)はないかもしれません。

Whereby
Logo_Whereby生徒さんに勧められて使ってみました。基本的にはブラウザー経由でWherebyのページにアクセスしてアカウントを作成するだけ利用できます。アカウント作成が完了したら、こちらからお知らせした《(レッスン室の) URL を入力》してブラウザー経由でそこにアクセスするだけ。機能もシンプルなので良いかもしれません。

Facebookメッセンジャー
Facebook親しい友人と使用した時は特に不快には感じませんでしたが、生徒さんとのレッスンではあまり快適に使用できませんでした。ただ生徒さんはタブレットを使用されていたので機器の性能が影響したかもしれません。結局のところネット環境や機器次第ということでしょうか。FaceTimeやSkypeと比べたら品質は落ちるように感じました。

LINE
LINEFacebookメッセンジャーと同様の感想ですが、レッスンを実施した生徒さんはPCで使用したそうで、許容範囲の画質・音質でした。
ハングアウト
hannguoutWherebyと似たような使い心地でした。ただ操作に詳しい生徒さんに誘導されて使用したので、もう少し研究の余地ありです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. 矢崎哲也 より:

    初めまして。実は私益田さんの演奏を目と鼻の先で体験できた幸せな男です。もう12~3年前でしょうか、所沢市の高校の先生でいらした粕谷さんのお宅で大きめの部屋でコンサートを見たのです。演奏されたのは確かタンスマンのカバティーナ組曲などで私の好きなダンサポンポーザをやってくださいました。私は52歳なのですが永遠の初心者ギターおじさんです。短時間ですが毎日練習してます。再見!

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。