モレーノ・トローバ ギター作品集

release:2017/11/23

FOCD9764p1-12ol17枚目のソロアルバムは20世紀のスペインを代表する歌劇・サルスエラの大家として有名なフェデリコ・モレーノ・トローバ(1891-1982)のギター作品集です。

本年2017年は巨匠アンドレス・セゴビアが亡くなってちょうど30年になりますが、トローバはギターという楽器は演奏しなかった中、セゴビアとの親交があったことで多くのギター作品を残しました。

今回のアルバムではセゴビアをはじめとする20世紀に活躍した名ギタリストたちによって愛奏されてきた名曲を集めたCDとなりました。

ありそうでなかった選曲のCDです。スペイン中心部、カスティーリャ地方、とりわけその中心都市であるマドリッドで生まれたトローバの洒脱で軽妙、そして明朗な作風に挑みました。お聴きください!

2018年1月号レコード芸術誌特選盤、日本経済新聞2018年1月16日夕刊推薦CD、朝日新聞2018年1月22日夕刊推薦CD

収録曲

01-03【カスティーリャ組曲
I.   Fandanguillo
II.  Arada
III. Dance

04-06【ソナチネ
I.   Allegretto
II.  Andante
III. Allegro

07【夜想曲

08【前奏曲

09【ブルガレーサ

10-15【性格的小品集
No. 1. Preambulo
No. 2. Oliveras
No. 3. Melodia
No. 4. Los Mayos
No. 5. Albada
No. 6. Panorama

16【マドローニョス

17-20【小組曲
I.   Llamada
II.  Tremolo
III. Vals
IV.  Divertimento

21-25【ラ・マンチャの歌
No. 1. Jeringonza
No. 2. Ya Ilega el invierno
No. 3. Coplilla
No. 4. La Pastora
No. 5. La Seguidilla

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket